• オリジナルTシャツおすすめ業者
  • アイデア集
  • 基礎知識
  • プリント方法の種類
  • 目的・用途別 業者ランキング

転写

ここでは、写真などのデザインをTシャツにプリントできる転写の特徴を紹介していきます。

転写プリントの特徴

ひと口に転写プリントと言えば、アイロンプリントを思い浮かべていただけると分かりやすいでしょう。熱のチカラを利用して、Tシャツにプリントしていく方法です。

オリジナルTシャツの作成を請負う業者は、業務用の機械と転写紙を使っていますので、洗濯をしたからといって直ぐにプリントが剥がれてしまうといったことはありません。

シルクプリントと異なり製版の必要がないため、少ない枚数の注文でも割安で制作できます。色数も気にすることなく、フルカラーで印刷可能です。さらにグラデーションや写真などもキレイにプリントできるでしょう。

印刷したいデザインをトリミングして貼付けるため、イメージ通りの仕上がりも期待できます。

しかしデメリットとして、転写した部分はシートを圧着させるため、どうしても通気性が悪くなってしまうことが挙げられます。

転写のデザイン例

デザインに添って転写シートをカッティングして貼付けるため、通常の印刷では難しい線の細いものやカラフルな色調、写真といったものもきれいに表現できます。

転写の料金例

[1枚〜4枚の場合]

プリント代 1,500円(10cm×10cm)
3,500円(A4)
5,000円(A3)
備考 価格は1枚あたりのプリント単価です。
Tシャツは綿素材で、カッティング転写ホワイトタイプです。
メーカー 株式会社プリズマ

[10枚の場合]

プリント代 365円(10cm×10cm)
460円(17cm×23cm)
595円(25cm×35cm)
備考 1枚あたりのプリント単価、及び高温転写した場合の価格です。
メーカー プリントTシャツ.com

[プリント面積で計算する場合]

プリント代 8円(1cm×1cm)
備考 上記を基本に縦横のサイズを掛けた面積でプリント料金が算出されます。
例/左胸面に縦3cm横10cmのワンポイントロゴをプリント。
10枚作成の場合→3cm×10cm×8円=240+プレス費300円=合計540円
メーカー ディアアース
PAGE TOP