• オリジナルTシャツおすすめ業者
  • アイデア集
  • 基礎知識
  • プリント方法の種類
  • 目的・用途別 業者ランキング

素材の種類

生地やOZなど、オリジナルTシャツをつくる上でこだわるべき情報をお届けします。

オリジナルTシャツに使われる主な生地について

オリジナルTシャツを作る際には、まず生地を選ばなければなりません。おおまかに分けると、生地は綿とポリエステルになります。さらにそこから生地の厚さや種類を選ぶことになります。なかなか奥が深い世界ですが、簡単に説明しておきましょう。

ヘビーウェイト

名前の通り厚みのある生地を使っていて、オリジナルTシャツで良く使われる素材になります。後述しますが5.6オンス~6.2オンスくらいが一般的なヘビーウェイトの生地の厚みでしょう。

4.4オンス

薄めの生地を素材に使ったTシャツで、激安Tシャツに使われるものは、たいていはこちらになります。予算があまりない場合や、とにかく安く作りたい時に重宝するので、イベントや学園祭といった短期間に使用する際によく使われます。

ただし、耐久性はないため、そう何度も繰り返し着るような状況は避たほうがいいでしょう。

ジャージィ

タイトなフィット感をお求めなら、ジャージィ素材が良いでしょう。着丈が短いピタTをイメージしていただけると分かりやすいでしょう。カラダにフィットするわけですから、シルエットを重視したい人向けのオシャレ感たっぷりの素材です。

ただし、かなりぴったりしたシルエットになるため、サイズ選びは慎重に行ないましょう。

ドライ

ポリエステル素材を使った生地になります。スポーツやダンスといった汗をかくことが多い用途なら、こちらがオススメです。吸汗速乾といった機能性があり、汗をかいてもサラッとしています。

OZ(オンス)とはなにか?

生地の厚さを判断する数値がOZ(オンス)です。面積に対する生地の重さとして主にTシャツでは使われます。単位換算すると、1ozが28.35gです。

薄手でリーズナブルなものは、3~4oz(オンス)くらいの生地になります。最近では薄手でも価格が高いものもあり、oz(オンス)が低いからといって品質が悪いというわけでもありません。

一般的にオリジナルTシャツで使われるヘビーウェイトと呼ばれるものは、5~7oz(オンス)くらいになります。6oz(オンス)以上あればTシャツとしては最高ランクと言えるでしょう。

これより厚いものでトレーナーやパーカー、スウェットといった生地は、9~13oz(オンス)のものが使われます。

PAGE TOP