• オリジナルTシャツおすすめ業者
  • アイデア集
  • 基礎知識
  • プリント方法の種類
  • 目的・用途別 業者ランキング

デザインについて

ここでは、デザイン方法や入稿の仕方などを紹介していきます。

デザインの仕方は3種類から選択すればOK

デザインと聞くとなんだか難しく思われるかもしれませんが、基本を押えておけば以外と簡単にできるものです。もしそれでも「難しい!」と思うなら、業者のデザイナーにイメージや入れたい文字内容などを伝えればプロ並みのデザインに仕上げてもらえるでしょう。

具体的にデザインされていなくても、まずはどういった感じに作りたいかをイメージすることから始めてみましょう。

まずは、簡単にできる主なデザイン方法を3つ見てみましょう。

業者のテンプレートを使ってデザイン

オリジナルTシャツ制作業者のホームページなどで、あらかじめ複数のデザインテンプレートを用意しているところがあります。これを使って、文字や色味などを変更すれば簡単にデザインが仕上がります。

業者のデザイナーに発注

メールやホームページのフォーム、あるいはFAXで、イメージや入れたい文字内容を伝えれば、業者のプロデザイナーが提案してくれます。無料か有料かは業者によっても異なります。

ある程度の修正までは無料で行い、複数回に渡る場合は有料になるといったサービスもあるようです。

自分でデザインする

全て自分でデザインしたい場合ももちろんOKです。パソコンを使って仕上げたり、手書き原稿をそのまま送付して作ることができます。

ただし、オリジナルTシャツのプリントは、データによってプリントされるため、パソコンなどでデジタル処理していないものは、改めてデータ化する必要があります。こうした作業は業者サイドでやってもらえますので、確認してみてください。

オリジナルTシャツのデザイン入稿方法

大抵の業者ではデザインの入稿はデータによってなされます。一般的に使われているソフトは「Adobe Illustrator」や「Adobe Photoshop」です。ただこれらのソフトはプロが使う高価なもので、一般の人で持っている人はそういないと思います。

最近ではMicrosoft Excel・Wordで作成されたデータやPDFなどでも入稿を受付ている業者もあります。

いずれにしても、入稿方法は業者のホームページなどに記載されていますので、必ず確認してください。

PAGE TOP